AGA 遺伝

薄毛の一番いい治し方は?

MENU

多くの男性の悩みの原因は

薄毛症状は多くの男性を悩ませていますが、これを引き起こす原因の中でも特に注目を集めているのがAGA(男性型脱毛症)です。

 

AGAは進行型脱毛症で、放置しておくと次第に髪が細くなり薄毛になります。

 

 


AGAのプロセス:
男性ホルモンが身体の中を巡る中で頭皮にある特殊な酵素と反応しDHTという物質を作りだします。
毛乳頭がこれを感知すると頭髪の細胞分裂をストップさせる指令を出します。
その結果抜け毛が増加し始めるのです。

 

AGAになる背景

抜け毛サイクル

このAGAを発症する背景には遺伝が大きく関係していることもわかってきています。

 

男性の遺伝子はXとYという遺伝子情報があります。

 

この中のXは母親から受け継ぎ、Yは父親から受け継ぎます。

 

AGAに関する情報はこのXの中に入っていると言われます。

 

母親の身体の中では男性ホルモンよりも女性ホルモンが多いことからAGAを発症することはありませんが、これが男性の身体の中に受け継がれるとそのままAGAとなって発症してしまうのです。

 

そのため、母親の兄弟や祖父などに薄毛の人がいれば、それを受け継いだ男性は同じ症状を発症するリスクが高くなってしまいます。

 

父親がAGAでもその子供がAGAにならないのも、この仕組みからです。

 

 

改善方法は

医師

ただし、AGAは早期に発毛治療を行うことで改善することも可能です。

 

クリニックでは飲み薬や塗り薬を使った治療が一般的で、飲み薬を服用すると頭皮の酵素の働きを弱めてDHTの分泌量を抑制することが可能となります。

 

また塗り薬は頭皮の毛細血管を拡張させて、血流に乗せてより多くの栄養分を頭髪にもたらすことが可能となります。

 

遺伝によってAGAの発症リスクが高そうな人は、このような発毛治療によって先手を打って薄毛症状の深刻化を食い止めることができるでしょう。

 

重要なのは初期段階で適切な治療をすることです。

 

薄毛が気になりだしたら、薄毛専門のクリニックでAGAかどうかの判断をしてもらうことをおすすめします。