AGAの原因

薄毛の一番いい治し方は?

MENU

薄毛の原因はDHT

AGAには原因となる物質があるのですが、その物質はDHTと呼ばれています。正式にはジヒドロテストステロンという物質で男性ホルモンの一種です。

 

そしてDHTが作られる元になる物質があるのですが、ひとつが男性ホルモンのテストステロン、もうひとつが還元酵素である5αリダクターゼです。

 

のふたつの物質が結合することでDHTへと変換され、AGAの原因になると言われています。

 

DHTが増加することで薄毛になるメカニズムですが、毛髪の成長期を著しく短くしてしまうのが原因です。
毛髪の成長期は大体3年〜5年程度は持続しますので、その間は毛髪が活発に育ちます。
しかしながらDHTには成長期を短縮させる働きがありますので1年程度まで短くなってしまうのです。
その為、毛髪が育ち難くなりますし、短いままの状態で抜け落ちるようになります。
したがって抜け毛をチェックしてみると短い毛が目立ったり、弱々しい細い毛にしか育っていない状態が見受けられるのです。

 

しかしながら原因がDHTにあることが解明された結果、現在では治療薬も開発されています。
その治療薬はフィナステリドという成分を配合しており、効果としては還元酵素の分泌の阻害です。

 

還元酵素の分泌が抑制されることで男性ホルモンと結合する量が激減しますので、それによってDHTも作られ難くなります。そして成長期も正常に戻る為、育っていなかった毛髪が育つようになり薄毛を改善し易くなるのです。

 

原理的には治療薬を飲んでいれば髪が生えてくるのですが、ストレスや長年の生活習慣の乱れなどから頭皮への血流が滞り、髪を生やす力が弱くなっているケースが多く見られます。

 

このケースでは髪に変化が出るまで年単位の期間が必用または、全く効果が無いこともあります。

 

この為AGA治療専門クリニックで毛根を活性化するなどの施術を受ける必要があります。