AGAの原因

薄毛の一番いい治し方は?

MENU

薄毛や抜け毛は、男性でも女性でも悩んでいる人が多い問題です。ですが、男性の抜け毛と女性の抜け毛は原因が少し違いがあります。

 

男性ではAGAと呼ばれる男性型脱毛症と、女性ではFAGAと呼ばれる女性男性型脱毛症があり、脱毛の症状が少し違っています。ですが、基本的な抜け毛の原因は同じで男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと結びつきジヒドロテストステロン(DHT)を生成してしまい、そのDHTが発毛を抑えてしまい、正常な発毛サイクルを維持できなくなってしまうという点は同じです。

 

ただ、女性の場合は同じ男性ホルモンを持っていても、女性ホルモンも加齢と共に減少する傾向はありますが常に分泌されています。この女性ホルモンの中に毛髪を育てる働きのあるエストロゲンが含まれているので、男性のように局所的に薄くならず、全体的に細く薄くなってしまうのです。

 

男性の場合、頭皮にある5αリダクターゼが頭頂部、前髪の生え際からこめかみの上部分に多くあります。それで、その部分に脱毛を引き起こすDHTが多く発生してしまい、頭頂部など部分的に薄毛やはげが広がっていくのです。

 

AGAは遺伝的な要素もあるといわれています。若い年代で薄毛になる人には、女性でも分泌されている男性ホルモンの受容体遺伝子に変異がみられ、働きが強まった男性ホルモンの影響で抜け毛が起こりやすいという研究結果も出ています。

 

いづれにしても、薄毛を発見した場合は早急に対応しないとどんどん進行していってしまうので生活改善やクリニックの受診などを積極的に取り入れていきましょう。